祈り。

あの日から一年が過ぎました。


朝から震災の特別番組で
子供達は

「見たくない」

と言いました。

それは
つまらないからではなく、

辛く悲しいあの日を
思い出したくないという
気持ちからです。


子供ながらに感じていることは
大人が思う以上に
鮮明で傷が深い。


そう思います。


福島に生まれ、育ったことを
誇りに思って生きて欲しい。


「絶対に忘れないように、
しっかり見なさい」


子供達に言いました。


定刻に3人で黙祷をしました。
涙が出て止まりませんでした。


何が悲しいのか…
自分でもわかりません。


その答えがわかるまでには
時間がかかりそうです。


犠牲になられた皆様の
ご冥福をお祈り致します。

  
  • LINEで送る